FC2ブログ


スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

物語をはじめる。


くも

変化に対する抵抗と不安と不信やらなんやら。
ズーンと一緒に落ちそうになりつつも
ああ、これは自分の感情ではあるけれど
自分だけのものではないって、わかったので
巻き込まれずに済んだ。

わたしも、ただ信じていればいい。
不信に巻き込まれず、
自分を整えるだけ。

決めて、感情に巻き込まれないようにするだけ。
もう、すでに決まっているのだ。
ただ、そこにドラマを作り出しているだけである。

推理小説を読む時に
なぜ、結果が分かっているのに、
そこに到達するまでに、何百ページも物語を用意するのか
わからなかったけれど
結局それが人間を生きる事なのだ。
「物語そのもの」が人間なのだ。

そうわかったら、
その物語に巻き込まれる事に対する拒否感がなくなってきた。
それが人間の醍醐味でもあるから。

これからもたくさんの物語が目の前に生まれるだろう。

そこに自分でどんな風に対処して行くか。

そう、だね。
うん、
それをめいっぱい楽しむ、かな。

自分はその物語を避けてしまっていた。
子供の頃からずっと。
くだらないと。
感情に振り回されるのが怖くて嫌だった。

でも、やっと今になって、やってみようかな、と思ってきた(笑

やみくもに巻き込まれて感情的になりすぎず、
それでも適度に巻き込まれて
翻弄されてみる。

すると、見えなかったものが
相手を通して見えて来るのだ。

それは鏡で自分だけを見つめているよりずっと早い。

いつまでもひとりで瞑想をしているよりも
ずっと早い。

交わるということはたくさんのひとと
個であることを際立たせながら
も行き交う事。

織物のような、たくさんの模様が生まれて行く。

すとろーく

混じることは溶け合う事。
個という壁が消え去ってしまう事。

自分の中にあった「壁」が消えて行っている。
それは、もう、維持する事ができなくなっていたのに
無理して立てていた壁。

ふとした瞬間に、もう壁がない事に気づいて
恐ろしくなる。自分を守ってきた壁を取り戻したくなる。

それでも、
もうどうあがいても
壁は消えたのだ。

昔に戻ろうとしても、戻れない。

全てがまるで違う。
半年、いや1ヶ月前とまるで違う。

存在する世界が変わったようだ。

そら

魂という選択。
魂が選択することに嘘はない。


不安を全て取り除き
ずっしりと信頼する。


子宮に信頼を置き
そしてそれをハートに上昇させ開花させる。
最後には頭頂から宇宙に放ち
そしてまた宇宙からエネルギーをいただき
子宮に還す。


全身で準備が進んでる。
もうゆだねよう。
わたしは選んでしまった。

そう言う世界を。
愛という
交わる世界を。

愛はいつもそこにあって
そしてあとはそれを受け取るかどうか。
いただいたらもっともっと深い愛を。
私がしたいのは愛の循環。

その循環が
自己不信も
他人への不信も
溶かしていく。

ただ、整え、待つ。

手を伸ばし、本当に欲しいものを、つかむ。

響きあう魂を見つける。

なんかもう、細かい事がどうでもよくなっていく(笑

世界は、なんていう音で響いていくんだろう。
美しい音色が聞こえる。

何もかも、すべてここへの道筋。

一緒にこの世界にいてくれて、ありがとう。

あうん


淡路に来た意味が分かってきた気がする。
すべてをそぎ落とし整え、
自分自身の道が見えるようになるためだった。


だから、「荷物を少なくしなさい」というのは
実際の荷物ではなくて
心の荷物のことだった。

迷い、ネガティブ、自己不信、罪悪感…
そういった全てのものを落としなさい、と。

命は深い。
魂の輝きは素晴らしい。

魂と魂が出会い
融合すること。

そこにはすばらしい光りがある。

大いなる光り。

それを感じるために
ひとは生きる。

全部が輝いていく。

全ての色を生きる。

そしてそれは7色であり無色であり黒なのだ。
漆黒の闇でさえ、私にとっては芳醇な味わい深い色。

広がっている。

広大な宇宙に。

色のない世界に。

そして全てがある世界に。



生きようよ。
この世界に。

笑おうよ。
この世界に。

そして遊ぼうよ
この世界で。
全力で。



菊2

人の心って不思議。

壁を自分で作り、それにぶちあたって苦しむとかさ。
あほだな。

でも、でも、そんな自分もかわいかったな。

自らの壁を溶かしてしまったから
もう、花を咲かせるしかないんだろ。

Flower of life。

なんかいいな。

花を咲かせよう。
関連記事

テーマ : 幸せに生きる    ジャンル : 心と身体
2014_11_24

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Profile

☆鎌田 幹子〜motoko kamata

Author:☆鎌田 幹子〜motoko kamata
「幸せでいる事が、この世界に途方もない恩恵をもたらす。
だから、いつでも幸せでいなさい。幸せでいることに、後ろめたさや罪悪感をもたないで、いつでも自分が求める最高の幸せの状態でいなさい。」

ただ魂の喜ぶままに、踊り、綴り、描き、創り、癒す。
生きる事はインスピレーション・アート。
現在は淡路島の洲本市にいます。
魂の喜びをたくさんの人とシェアしながら、どんどん魂が解放されて行くのを、一緒に楽しんでいます。
facebookでは日常の細々したことをアップしていますので、繋がってくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。